テーマ:ひとりごと

宮崎哲弥氏

もし俳優に転向したら、日本で一番京極夏彦の京極堂をやらせたい人物だ。 うってつけだと思うんだけどなー。関口は蛭子さんで。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人的な Love and Peace

週末、木漏れ日の午後@のどかな世田谷公園 いままでお世話になった全ての皆さん、 どうもありがとう。 そしてこれからお世話になるまだ知らない皆さん、 よろしくお願いします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中央線の高架下

小さい頃、両側を田んぼに挟まれた一本道をずっと歩いて習字の教室に通っていた。春には、田んぼ一面がムラサキの蓮華草でおおわれキレイだった。秋には金色の稲穂の上を歩いているみたいでまるでナウシカのラストシーンのようだった。 しかし、台風のときは、防壁もなにもないので、頭からつま先までずぶ濡れになった。そんな日は、雨をガードできる屋根が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車と電車、父性と母性

「うなりをあげる自動車は、《サモトラケのニケ》よりも美しい」 車やオートバイがファルスの象徴であるという厳然たる事実は、イタリアのマリネッティによる「未来派宣言」(1909年)を持ち出すまでもなく自明のことだ。誰がなんといおうと、ドライブとは、地球の征服であり、自らの目的踏破のための手段であり、自らの肉体の拡張である。 一方、我…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more