Peruvian cuisine(南米旅行レポート2)

日本ではあまり知られていないが、ペルー料理は本当にウマい。旅行中どこで食べても期待以上のものが出て来た。

なによりもまず素材の活きの良さ。

海岸沿いでは新鮮な魚介類、アンデス地方ではコクのあるジャガイモやトマトやトウモロコシ、そして東部のジャングル地帯ではジューシーなパパイヤ、マンゴー、バナナといった亜熱帯の果物が採れる。さすが原産地だけあって、ジャガイモなど何百種類もあるらしい。フレッシュジュースもその場で絞ったものを出してくれる。

画像


リマでは、旅行前に現地在住のSさんからレコメンドされていたミラフローレス地区の「punto azul」というセビッチェリアに直行する。ここで食べたセビッチェは、レモンと塩とビネガーの効いたソースが、プリプリの白身の魚(タイかな)と絡み合って絶品だった。ペルーは比較的赤道に近いのだが、海岸を流れているフンボルト海流が寒流なので、近海魚の身も締まっている。

画像


一方クスコでは、アルマス広場の角にある「pukara」というレストランに計3回ほど通った。ここの看板メニューは牛の心臓の串焼き「アーティクーチョ」なのだが、「sopa de ajo」(ニンニクスープ)も2回オーダーしてしまった。うまみが凝縮されていてこれを飲むと高山病でヘロヘロになったアタマもシャキっとし、旅の疲れも一気に吹き飛んでしまう。ちなみにここのオーナーは日本人らしく、日本語のメニューも置かれていた。隣の席の白人の観光客は、日本食レストランに入った訳でもないのになぜ日本語のメニューがあるのかわからず、怪訝な顔をしていた(そりゃそうだ)。

画像


画像


更に定宿にしていた「rumi punku」というホステルの朝食に毎朝出てきたとうもろこしのタマレスもほっこりしていてとても美味しかった。ここのホテルには結局5泊したのだが、毎朝コカ茶を飲みながら、タマレスと山盛りのフルーツサラダを一緒に行った奥さんと2人で食べていた。

画像


クスコの最終日は、シャーマンショップやフェアトレードのお店が入っているパセオの2階にある「AMIMANERA」という創作料理系のレストランに飛び込みで入ってみた。そしてこれがまた大当たり!

画像


壁にサイン付きの写真が飾ってあったので店の人に聞いてみると、これがなんとキャメロン・ディアス。そういえば1年ほど前、カナダのテレビの取材でマチュピチュを訪れた際、毛沢東のスローガンが書かれたバッグを持っていたせいで大バッシングされたというニュースをネットかなにかで読んだ記憶が。たぶんそのときにこのレストランにも来たに違いない。(ペルーではかつて、毛沢東主義を掲げるゲリラ組織センデロ・ルミノソが、カンボジアのクメール・ルージュと同じく大虐殺を繰り広げた)。まさか数日後に自分が手ひどくバッシングされるとは思わなかったのだろう、それはそれはキュートな笑顔をキャメロンはカメラのレンズに向けていた。

そんな話はともかく、奥さんがベジタブルカレーを、自分はハチミツソースのタリアテッレコンスピーナーチを頼んでシェアをした。甘いパスタは初体験なのだが、どうしてどうしてこれが美味しかった。一方のベジタブルカレーも色鮮やかな上に野菜のうまみがこっくり出ていて非常に満足のいく代物だった。

画像


画像


日本人にはやや甘い味付けが多いけれど、アメリカのポップミュージックのクオリティが総じて高い様に、日本の家電製品や自動車のクオリティが総じて高い様に、ペルー料理のクオリティも総じて高い。これはもう疑いようのない事実だ。それに比べてアルゼンチンの料理と言ったら…(以下、割愛)。

…と思ったがやっぱり一言だけ。

サッカーと肉とワインにかける情熱を、ほんの少しだけ野菜と果物とパスタの茹で加減にも注げないものか?(とはいえ、グローバリズム化及びフラット化が進む昨今、情熱を降り注ぐ対象に偏りがあることは、それはそれで人類的に貴重かつ幸いなことなのかもしれないなんつって)

都内でも新橋に美味しいペルー料理レストランがあるらしい。大粒のトウモロコシが食べたくなったらまた行ってみよう。

荒井商店
http://araishouten.gozaru.jp/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

カヨジーニャ
2008年05月20日 23:50
日本人オーナーというと、そのpukaraってレストランは私もランチに寄りました。美味しかった。
インカコーラのマグネットは自分用に買ったお土産で大切にしてます。
インカコーラの良さが分かったら本物のペルー通だよね。
2008年05月21日 00:42
どもです。あれクスコいつ行ったんでしたっけ?ブラジルと一緒に? pukaraはこじんまりしてて安心して食べられる感じですよね。インカコーラ飲んだけど、あれは自分にはちょっと甘すぎたかも。まだまだペルー通とはいえませんね。でも夜店的な懐かしい味だった。
いしいっす
2008年06月19日 00:05
本吉さんにも教えてもらった荒井商店。
行こうとしたら、1週間予約でいっぱい。
んで、翌週に行ったら、まじでうめえ。
超やべー。ちゃべー。ちゃべうめー。

是非に、味見されに行かれたし。

2008年06月19日 00:23
1週間待ちなんだ。当日予約しても入れなかった訳だ。リベンジします。

この記事へのトラックバック

  • プラダ バッグ

    Excerpt: Peruvian cuisine(南米旅行レポート2) 阿佐ヶ谷⇔荻窪日記/ウェブリブログ Weblog: プラダ バッグ racked: 2013-07-06 21:52